お問合せ

店舗案内

GPcraft

バイクのメンテナンス/オーバーホールは
バイクのスペシャリスト、GPクラフトにおまかせください。

電話番号

トップページ > バイク再生物語 > Vol.02
2008.05
バイク再生物語 Vol.02 

 CONTENTS

1981年製ホンダCB750FB-B(ボルドール)。お客様が購入された時点であらゆる箇所が整備不良であり、とても走れる状態ではありませんでした。
ブレーキとサスペンションが特に危険な状態で、ボルト・ナット類はほとんどが締付不良。錆が全体的に広がっており、総てをオーバーホールする必要がありました。
また、お客様の体重が120kgということもあり、前後のスプリング、シートもそれに合わせた修理・加工を施しました。
(再生費用:総額140万円)

画像をクリックすると拡大します

  • 持ち込ま
    れた状態
  • フレーム

  • 車体関係
    ボルト類
  • エンジン関係
    ボルト類
  • エンジンブロック
    部品類
  • 車体構成部品
    全分解
  • エンジン
    組付作業
  • 車体組立作業
    から完成

1981年日本製、推定走行距離:70,000~80,000km

作業開始:2007.10.31
作業終了:2007.12.25
あらゆる部分が整備不良であり、とても危険な状態でした。

すべてを分解後「フレーム曲がり診断」を実施。

かなりの錆はあるものの、幸いねじれ・曲がりのダメージははない。

一本残らず、さび取り研磨作業。その後、メッキ処理に入り、外部からよく見えるボルト類はクロームメッキ処理、それ以外はユニクロメッキ。<・

ユニクロメッキ処理をした部品・ボルト

クロームメッキ処理をした部品・ボルト

ユニクロメッキ処理をした部品・ボルト

サンドブラスト処理を行った後に完全洗浄を実施。マスキング、ペイント作業を施すことによってパーツが蘇ってくる。

シリンダー

シリンダーヘッド

セルモーターカバー

エンジンカバー類

ヘッドカバー

ジェネレーター、パルシングカバーは、お客様の希望でブラックペイントになりました。

サンドブラストをした後ペイントを施す。各部品をすべてオーバーホール。

「ブレーキディスクロータ」

「ブレーキキャリパ」のオーバーホールペイント仕上げ

「前後ステップバー」「マフラーフランジ」純正品はアルマイト処理されているパーツ類ですが、費用効果を考慮し、アルマイト風にペイント施工

「メーターパネル」

「ワイセコピストン」シリンダースタッドボルト類もサンドブラストで錆を落としペイントを行います。

「ワイセコピストン」シリンダースタッドボルト類もサンドブラストで錆を落としペイントを行います。

ローリングシャーシ状態

前後のスプリングはお客様の体重に合わせた強度・硬さにカスタマイズ。120kgの身体を安心して乗せられるようにしてあります。

エンジンガード

シートも120kgの身体を安定した形で乗せられるように改良。ウレタンを固めするなどの特注整備を施しました。

妥協を許さない作り込みに徹した姿勢で作業終了。(総額:140万円)

元気が出る車検 エコノミーパック 作業明細書

PageTop